古美術 花元
アーカイブ オークション お問合せ
HOME アクセス 蔵品紹介
 
アーカイブ番号:0000059 台風一過

心配したほどの被害もなく通り過ぎて行った台風。

今年は珍しくこの時期まで素麺を食べておらず、安い普段使いのガラスの器(大正~戦前)でいただきました。安価な器でも十分に楽しめる大満足の昼食です。

安くて可愛らしいガラスの器、見つけるとついつい・・・(◎_◎;)




  ▲TOP
アーカイブ番号:0000058 黒唐津徳利

口に嫌な共修理をしてあった黒唐津の徳利が綺麗になって戻ってきました。

今回は、胴にフリモノがあり野趣のある景色で修理屋さんの奨めもあり銀を少し燻した渋めの修理を施しました。

来週ヤフオクに出品します。ご期待ください!

  ▲TOP
アーカイブ番号:0000057 石仏

ひとしきり降った雨があがり石仏が美しい。

室町時代の畿内の石仏、もう手元に来てどれくらい経つでしょう。すっかり庭に馴染み自然に溶け込んでいます。

この季節は、いつも雑草と格闘・・・。
また草取りをしなければ・・・!





  ▲TOP
アーカイブ番号:0000056 2013 目白コレクション秋

今週末10月26日(土)、27日(日)は目白コレクションに出展いたします。今回は掌に収まるような小さくて可愛らしい品を50点集めました。朝鮮・日本の古陶磁に仏教美術、考古の物まで幅広く集めることが出来ましたのでぜひご来場いただければ幸いです。多くの皆さまのご来場を心からお待ちしています。

10月26日(土)12時~18時
10月27日(日)10時~17時

会場:目白椿ホール
東京都豊島区目白1-4-8
JR山手線目白駅隣りデサントビル1F(半地下)

  ▲TOP
アーカイブ番号:0000055 蓮の開花 ~蓮池水禽図~

常連のお客さんから頂いた蓮の花が美しく咲きました。

鉢に蓮根を植えた状態で春先にいただいたのですが、一枚二枚と葉が次々に展開し蕾が出てきて毎日わくわくドキドキ待望の一番花です。本当にこの世のものとは思えぬ美しさです。

この花を見ていて今春の目白コレクション(朝鮮工藝展)にて売れて行った蓮池水禽図を懐かしく思い出しました。資料として残しておいた写真がありましたので買っていただいたお客様に了解を得てアーカイブに掲載させていただいた次第です。

絹本に描かれた18世紀の朝鮮宮廷画、民画にはない緊張感のある絵筋です。こんな朝鮮古画にはもう二度と出会えぬような気がします。

今頃は蓮の花が咲く庭に面した和室の床にかけられていることでしょう。うぅぅぅー、羨ましい!!!

  ▲TOP
 
過去のアーカイブ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 >>