古美術 花元
アーカイブ オークション お問合せ
HOME アクセス 蔵品紹介
 
アーカイブ番号:0000049 2013春 目白コレクション

桜の花も散り今年も春の目白コレクションの時期がやってきました。今回は目白コレクション花元ブースにおいてこれまでお店とHP上で毎年行ってきた『朝鮮工藝展』を開催します。 棚やバンダジ等の大型の家具に加え、箱、鉢、膳などの小さな木工品、石や金属の工藝品を中心に陶磁器、数点の朝鮮仏教美術品を陳列いたします。高価な名品は一点もありませんが、「形の美しさ」と「味わい深さ」に拘り品を揃えました。今回はウェブ上での同時開催は行わず、会場に足を運んでくれた方のみを対象に販売させていただきます。多くの皆さまに会場でお会いできるのを楽しみにしています。

2013春
5月18日(土)12時~18時
5月19日(日)10時~17時

会場:目白 椿ホール

  ▲TOP
アーカイブ番号:0000048 『年末特別出品』のお知らせ

『年末特別出品』12月25日(火)~30日(日)

2012年もいよいよ暮れようとしています。

今年も全国各地の多くの方々にアクセスいただき毎週の出品を休むことなく続けることができました。品物を手にしたお客様からの嬉しい到着メールが古美術商として何よりの喜びであり出品を継続するための大きな励みにもなっています。

この場をお借りし心から感謝を申し上げます。

さて、今週は今年最後の出品です。一年間の感謝の意の込めて今あるものの中で特に私が魅力を感じている品を選んで出品させていただきます。傷のあるものも含まれますが、その全てが気に入っている品ばかりです。どうかオークションをお楽しみいただければ幸いです。

新年は2日(水)に初出品いたします。こちらもどうぞよろしくお願いいたします。

皆様にとりまして幸多き年末年始となりますようお祈り申し上げます。

  ▲TOP
アーカイブ番号:0000047 此君亭工房 青竹箸

今回はいつも戀壺会でお世話になっている竹工芸士生野徳三先生の工房『此君亭』の青竹お箸をご紹介させていただきます。

『此君亭』は徳三先生のお父様である人間国宝の生野祥雲斎(故人)が大分市白木地区に築いた工房で親子二代に亘って美しい竹工芸品を世に創出してきた名房です。

以前にHPアーカイブにて写真を掲載させていただきましたが、山間に位置する『此君亭』は親子二代の芸術家が暮らしてきた事を納得させられる素晴らしい佇まいです。

家庭を持って15年、毎年年末年始にはここで作られた青竹のお箸を使わせていただいておりますが、お箸が届くと『今年もいよいよ暮れだなあ。』という思いがいたします。

見た目の美しさもさることながら、持ちやすく使いやすいお箸、さすが此君亭のお箸です。

売り切れになるまでは対応していただけるそうなのでご希望の方は以下までお問い合わせいただければ幸いです。

きっと清々しい新年の食卓となることでしょう。


生野徳三 此君亭工房

大分市下白木14組
097-532-6793

  ▲TOP
アーカイブ番号:0000046 朔の散歩 柞原八幡宮編

花元から歩いて30分程のところに豊後一宮である柞原八幡という美しい神社があります。当宮の有する国の重要文化財である白鳳金銅仏は以前HPアーカイブにて紹介させていただきましたが、建物も数年前に重要文化財に指定され注目を集めています。

往復一時間(5km)の山道でかなりハードなのですが、最近大分にいる時は朔を連れての散歩コースとなっています。途中の道のりも紅葉がとても美しくピンと張りつめた冷たい空気の中、朔は大喜びでどんどん前へ進んでいきます。とりわけ、鳥居から参道にかけては樫や楠、欅やもみじ・藪椿などの大木が生い茂り、猿や猪、野ウサギなどにも遭遇する原生林です。ここに来ると朔も野生化し、逆に朔が私を連れて散歩してくれているという感じです。

今年も残すところあと僅かとなりました。大晦日は除夜の鐘が聞こえたら家族と朔と一緒に真夜中の静寂の森を抜けて初詣に出かけることといたします。(飲み過ぎていなければの話ですが・・・・。)

  ▲TOP
アーカイブ番号:0000045 Gallery ONO 『平成25年は巳年です。』

目白コレクションでいつも大変お世話になっている岡山の大先輩、小野さんから企画展『平成25年は巳年です。』のDMが届きました。

小野さんは私たちの親世代で目白コレクションに出展する若手業者にとってはまさに親父的存在です。いつも我々若手のことを気にしてくださり、ニコニコしながらご自身の永い経験に基づいた的確なアドバイスをしてくれる貴重な大先輩です。

また、市場には行かず美しい物を求めて世界中を旅しご自分の眼に適った物だけを商いする稀有な古美術商でもあります。私が韓国に行き始めの頃、上手く仕入れが出来ず悩んでいた時に『必ず韓国で何かがお前を待っている。一度や二度の空振りにめげず自分の足と眼で今の商いを続けなさい。』という勇気づけられるアドバイスをいただいたのを忘れることができません。

今回の企画展、まさしく小野さんの足と眼で世界中から集められたものばかり、訪れる方々をきっと何かが待っていることでしょう。

会期:2012.12.5(水)~9(日)、10時~18時
場所:Gallery ONO(岡山市北区幸町9-11)
電話:086-225-1772

  ▲TOP
 
過去のアーカイブ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 >>