古美術 花元
アーカイブ オークション お問合せ
HOME アクセス 蔵品紹介
 
アーカイブ番号:0000044 川漁師 小野さんの川カニ

以前にアーカイブで紹介した川漁師の小野さんから秋の味覚川カニ(モクズガニ)が獲れたと連絡があり行って来ました。

川カニは大分川水系には多く生息し、子どもの頃より毎年秋から春にかけて良く食べていた大好物です。漁法は餌として小魚などを入れた籠(カニ籠)や産卵のため川を下るカニを一網打尽にとる袋網(地獄網)がありますが、小野さんは袋網で捕まえたそうです。さすが、プロですね。

小野さん宅で粒の揃った上質なカニ自体にももちろん驚いたのですが、挟まれると怪我をする川カニを素手で何事も無かったかのようにどんどん袋に入れていく小野さんにはもっと驚かされました。

『ワイルドだぜぇ~!!!』



  ▲TOP
アーカイブ番号:0000043 戀壺会 『瀬戸・美濃の古陶』 於:此君亭

昨晩は月に一度開かれる古美術勉強会『戀壺会』に出かけて来ました。

今月のテーマは『瀬戸・美濃の古陶』、志野や織部の茶陶や文具、古瀬戸灰釉の可愛らしい花入や侘びた釉調の茶碗など、今回もそれぞれの蒐集家が持ち寄った自慢の品々は見応えのあるものでした。

また、今回は姿を残したものばかりではなく元屋敷窯跡出土の貴重な陶片なども多く集まり、土味や釉調、形や厚さなど様々な質感を比較対照することができ有意義でした。

骨董談議と日展のため上京されていた生野徳三先生の土産話に花が咲き気付けば深夜近くになっておりました。毎度のことながら今回も遅くまで大変お邪魔をいたしました。

深まりゆく秋に『瀬戸・美濃の古陶』に触れあえた充実の勉強となりました。

  ▲TOP
アーカイブ番号:0000042 目白コレクション 2012秋

いよいよ今週末は目白コレクションとなりました。

今回は大分県国東半島で作陶に励む陶芸家菊池克さんの茶碗や酒器、お皿など日々の生活の中で使える器を中心に展示即売いたします。

また、いつものように朝鮮工藝や仏教美術の小品も展示させていただきます。多くの皆様のご来場を心からお待ちしています。

【日時】
10月27日(土)~28日(日)
27日/12:00~18:00
28日/10:00~17:00

【場所】
目白椿ホール
東京都豊島区目白1-4-8
(JR山手線目白駅隣りデサントビル1F)

http://www.mejirocollection.com/

  ▲TOP
アーカイブ番号:0000041 秋晴れの稲刈り

今日の大分は雲一つない秋晴れで清々しい天気、毎年この季節の恒例行事である稲刈りをしてきました。

私の実家は大分市郊外の農家集落にあり昔から稲作を行っている兼業農家です。父と母はお陰様で健康ですが、さすがに高齢で今年から世代交代ということになり田植えから水入れ草取りと今年のお米は初めて兄と二人で育て収穫に辿り着きました。

互いに働き盛りである兄と私はいつも本業に忙しく農業にそれほど時間を費やせなかったということもあり、結果的に化学肥料も農薬も全く使わず無農薬のお米が収穫できました。

普段から好きな仕事をしているので何のストレスもないのですが、たまには日常を離れ大空の下でアグリカルチャーな一日も良いものですね。

今日はいつもにも増してよく眠れそうです。

  ▲TOP
アーカイブ番号:0000040 可愛いらしい李朝の品々

今週は小さくて可愛らしい李朝の品々をヤフーオークションに出品しますのでアーカイブにてお知らせします。

釉調や形が美しいものをと心掛け国内と韓国を周り一つずつ集めた品々です。高価な名品とは程遠いものばかりですが、気軽に愉しめる朝鮮工芸品は蒐集家にとってはいつまでも魅力的なものでしょう。

ヤフオクへは、10月3日(水)出品予定で来週8日(月)夜に終了です。

H.P.のオークション欄から出品ページへとアクセスできますのでご覧いただければ幸いです。

どうかよろしくお願いいたします。





  ▲TOP
 
過去のアーカイブ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 >>