古美術 花元
アーカイブ オークション お問合せ
HOME アクセス 蔵品紹介
 
アーカイブ番号:0000039 荘田農園

友人の荘田さんが農業を始めたと聞き荘田農園に出かけてきました。

『野菜を育てるにはまず土から』と言いますが、何種類もの材料を合わせて作った自然堆肥は全て自家製で見せてもらったどの畑も土がフカフカでした。

帰ってからいただいたお芋を早速焼き芋にしましたが、香り豊かで甘みが強く今まで食べたどのお芋より美味しかったです。(感動!)

脱サラをして家業を継いだ荘田さん、サラリーマンの頃よりもいい顔になっているように見えました。真剣に頑張っている人の顔は格好良いものですね。

荘田さん達のサツマイモは既にブランド化され直接農家から個人への販売はやっていないそうなので連絡先を書くのは控えますが、大分県臼杵市野津町のサツマイモ、驚くほど美味しいです。デパートや通信販売で見つけた方は一度食べてみる価値ありと思いますよ。

  ▲TOP
アーカイブ番号:0000038 恋壺会 『金(かね)のモノ』 於:此君亭

昨夜は、月に一度開かれる古美術勉強会『恋壺会』に行ってきました。

今月のテーマは『金(かね)のモノ』、竹工芸士 生野徳三先生の工房である此君亭にメンバーの蒐集品が数十点集まり毎度の事ながら見応えのある勉強会となりました。

集まった品々は、中世の美しい柄香炉や水瓶などの仏具、また緑錆味が見事な平安後期の経筒に加え、李朝の金属工芸品やヨーロッパの装飾具、生活の中で使って楽しめる水注や火箸・茶卓や燭台までそれぞれの蒐集家の目を潜った魅力ある品々が並び今回も有意義な時間を過ごしました。

勉強会の後は、今見頃な満開の夜萩を楽しみながらお抹茶を一服、至福の時間でした。

日展への出品作の制作でご多忙の中、今回もお時間を作ってくださった生野徳三先生に心から感謝です。

ありがとうございました。

さて、来月のテーマは何にいたしましょう。

  ▲TOP
アーカイブ番号:0000037 八坂神社の仁王さま

国東市安岐町にある八坂神社の境内にこんな可愛らしい仁王さまがいます。

像高2mはありそうな大像ですが、とても愛嬌のある表情で親しみを覚えます。しばらく対峙しているとまるで『まんが日本昔話』の世界の中にいるようです。

神仏習合の地であった中世の国東半島では神社と寺院が隣接して建てられた場所が多く残っておりこのような仁王像もたくさん見られます。

可愛らしさでは国東の中でもトップクラスでしょう。

通るたびに足を止めてお会いしたくなる仁王様です。

  ▲TOP
アーカイブ番号:0000036 堅手盃 『菊池 克作』

先日アーカイブで紹介させていただいた陶芸家 菊池 克さんの盃が焼き上がりました。

ホヤホヤの盃、手前は赤あがりでゴホンが美しく、奥は鋭い形が印象的な灰色の平盃です。いずれも、日々使って愉しめる心地よい器でしょう。

その他最近では文房具にも熱を入れられておる様、追って建物形の合子や水滴などもアーカイブにて紹介させていただきます。

アーカイブにて紹介した作品は全て今回秋に開かれる『目白コレクション』に持っていきます。ブース内に小さな特設コーナーを設けますのでよろしくお願いいたします。

ご来場の皆さまに喜んでいただける企画となれば幸いです。

  ▲TOP
アーカイブ番号:0000035 PAPPATORIA

長い仕入れの旅からやっと大分に戻りました。

今回は年に数回東京美術倶楽部を会場にして開かれる大きなオークションの大会のため上京してきました。数千点の美術品が出品され下見から競りへと緊張感のあるハードな旅となりました。

クタクタになりながら、(頑張った?)自分へのご褒美にと大学時代の友人と豪華ディナーへ・・・。

最近見つけた門前中町のイタリア料理店なのですが、これがめちゃくちゃ旨い。特に北海道産鴨肉のローストは絶品で前回に引き続き注文しました。

お近くの方はぜひ!

PAPPATORIA
東京都江東区富岡1-3-5
03-5245-3588

  ▲TOP
 
過去のアーカイブ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 >>